メンズダイエットエステの勧誘のこと。断り方や対策は!?攻撃は最大の防御!?

 

 

エステティシャンが美人だったら断れなそう。。。

 

エステで連想するもので強引な勧誘をイメージする男性も多いですよね。

 

セールストークへの防御はどうしたらいいでしょう?

 

 

ずばり勧誘はあるの?

エステスタッフ二人

メンズエステでダイエットをしたいけど、勧誘が怖いという男性は多いでしょう。

結論からいえば勧誘がゼロのエステはほとんどありません

エステも商売として行っている以上は少なからず勧めてくるでしょう。

 

一度断っているのに再度勧めてきた場合はしつこい勧誘と考えることができます。
簡単な商品説明に関しては勧誘か判断するのは難しいですが、コース契約やローンの話を持ち出してきた場合は該当するでしょう。
いずれにしても自分がしつこいと感じるかどうかがポイントとなります。

 

昔のエステはゴリゴリだったけど・・・

 

ひとつ言えることは一昔前のメンズダイエットエステと比べると、勧誘は減っていることです
無理に勧めてくるところは少ないので、大抵のエステは安心して利用できます。
しつこく勧められたとしても、一度店を出てしまえばこっちのもの。

 

客の性格によって対応を変えてくるエステティシャンは多いので、その気がなければしっかりと断りましょう。

中途半端に考えておきますなどと言うのが一番よくないので、本コースの契約はしませんと伝えてください。

 

勧誘をしてくる可能性としては個人店舗より大手のほうが高いと考えてよいです。

個人運営のエステは都度払いがメインになっており、1回コースを用意しているところが多いです。
大手の場合は複数回がセットになっている場合が多く、こうしたエステはかなりの確率でローン契約を勧められます。
ローンは利息が発生しますし、予約をスムーズに取れなくても毎月の支払いは発生しますので注意。

 

 

対策はどうする!?

盾

 

メンズダイエットエステの勧誘対策として確実なのは、1回コースから用意されているエステを選ぶことです。
1回コースは原則として現金払いであり、ローンを組む方はほとんどいません。

ちょっと肥満が気になるときに単発的に利用できるエステなら、無理な勧誘を受けることはないはずです。
規模が大きいほど勧誘がしつこくなる傾向がありますが、昔と比べると随分と緩和されています。

 

 

契約しないと伝えるとそれ以上は勧めてこないことが多いですが、ノルマに追われているエステティシャンだと例外もあります。
1回断っても勧めてくる場合は要注意で、2回断ってもダメなら完全に無理な勧誘と言えるでしょう。

結局のところはエステの種類だけでなく、エステティシャンのノルマや営業方法などによって勧誘の度合いは変わってきます。

 

事前に伝える、エステティシャンに先制攻撃

剣をもつ手

 

無理に勧められたくない場合は、事前にはっきりと伝えておくのがいいです。

他のエステも検討しているので、比較して考えると伝えるのもいいでしょう

 

もちろん何の情報も出さずに、お試し以外のコースは利用しないと伝えるのもいいです。
コースの契約をするかどうかは客が決めることであり、契約しない理由を話す義務はありません。

 

エステティシャンの質問になんでも丁寧に答えてしまう人ほど勧誘されやすいので注意してください。

勧誘を断るために効果的な方法には、ローンの利用はしないと伝えることもあります。

エステ側にとって勧誘はローン契約を得るための手段のため、客側からローンは組みたくないとはっきりと伝えておくといいです。
事前に都度払いが可能が聞いておき、可能なエステから選んでいくのも手です。

 

攻撃は最大の防御!

 

ハッキリ意思表示してしまえば大丈夫です!!

 

 

 

 

おすすめの記事